top of page
  • mizunotatsujin

男性の育児給付10割!

男性育児給付10割には疑問がありますね。

財源が明確でない、企業(残された社員さんの仕事)の負担が大きい事が疑問です。

産後パパ育休制度は出産から8週間以内に4週間取得なのですが、そもそも男性が約1ヶ月休んでどれだけ女性の育児が助かるのだろうか?

もちろんその後も育児は続くわけだしその時だけ1ヶ月だけ休むならほんとに必要な時にちょくちょく休めるようにしてあげた方がよっぽど良いのでは?

と個人的には思う!


外の蛇口を使う時もそろそろ出てくるかと思いますが、この時期になると水抜栓から水漏れが発生してることに気づかず使用して後から水道料金が上がることがあります。

気がついたらご依頼ください。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

未来の1人暮らし世帯の増加が衝撃的!

2050年の人口の全世帯数は5260万世帯になり、そのうち1人暮らし世帯の割合が44%になると試算された。。 あくまで個人の意見だが。。 ざっくり世帯の半数が1人暮らしになると言う事はもっと孤独死が増える。。 益々、自分の老後はもっと自分の事は自分で出来るように健康、元気で居なければダメだ! 寂しい時代だな。。 日本で生きるためにはもっと考えないとダメな時代になる。。

円安ドル高を深掘り💲

昨日なぜ153円まで円安に進んだのか? アメリカのCPI(消費者物価指数)3月の指数が3.5%になった。 特にガソリンや住居費が市場予想以上に高かった、物価高が進むためインフレ懸念が拭えない事がFRB(米連邦準備理事会)の政策金利(現在5.25〜5.5%)を6月の0.25%の利下げ観測が更にずれ込む可能性がある。 更にその後に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(3月19〜20日開催

為替が1💲152円の円安に!

34年ぶりに1ドル152円超えで過度な円安は為替介入するか? 財務省は示唆している。 (その後153円を超えた) 一長一短あるが、、、 円安は個人には物価高の要因なので喜ばしくはない。。 今後も為替に注目していきたい。。

Comentários


bottom of page